フリースタイルいわき

ハワイアンブランド解説


カメハメハ・ガーメント・カンパニー(通称:カメハメハ)

1936年に創業し、現存するアロハ・メーカーで一番古い企業です。アンスリウムのボーダー柄等は数多くのメーカーから復刻版が出ていますが、やはり本家の実力はあなどれません。アロハの素材としては、生地はレーヨンでボタンはココナッツです。生地とプリントは日本製で、色の発色もきっちりとしており買って失敗したと言うことはありませんでした。カットと縫製はハワイで行っていますが、ハワイのメーカーにしてはシッカリしている方だと思います。


「Aloha」

アロハシャツを語る上で「Aloha」ブランドを抜きには語れません。1936年に仕立業を営むエラリー・チャン氏によって「アロハシャツ」が商標登録されて以来、現在までハワイアン・シャツはアロハシャツの名で世に知られるようになりました。実際は、それ以前にも日系のムサシヤ商店等でも和柄のオーダーメード開襟シャツにアロハシャツの名が使われていましたが、これ以降は、ハワイ柄が中心となり現在のアロハのイメージが出来上がりました。


GO BAREFOOT[ゴーベアフット]

創業50年を超える老舗ブランド! 日本よりもハワイ、ハワイよりもカリフォルニア西海岸方面では超メジャーな存在!日本での知名度は少し低いかもしれませんが、シャツのディテール(形状)とデザイン&カラーのラインナップの多さにはビックリです。
日本では古着以外で入手し辛いのが不思議なぐらいアロハを語る上で不可欠な存在!!


IOLANI

1953年Keiji Kawakamiによって創立されたハワイでももっとも古い歴史を持つメーカーの一つIolani Sportswear。会社設立当初はガソリンスタンドの裏で雨の漏る屋根を もった土間の部屋で4台のミシンと7人の従業員で 始められたそうです。現在ではメンズアロハウェアだけでなくレディスウェアも 手がける大きなメーカーとなっています。アンティークショップなどでは1,000ドル以上で取引されることもあるそうです。


Paradise Found[パラダイス・ファウンド]

Paradise Foundを作っているPacific Clothing社はKamehamehaの独占販売権を持っています。ハワイでアロハシャツを探したら、必ず一度は お目にかかるのがこのメーカーのタグ。ハワイだけでなく、アメリカ本土、ヨーロッパ、もちろん日本でも売られている。


アルフレッド・シャヒーン社

ハワイ初のメーカーとしてアロハシャツを製作販売したアルフレッド・シャヒーン社です。1938年に家族と共にハワイに移住したアルフレッド・シャヒーン氏は、1952年から自前のプリントによるアロハシャツの販売を開始しました。主に米国本土の高級店を顧客としたためハイファッション志向な柄が多く、個性が出しにくい和柄は扱いませんでした。


フジ・インポート社

最初にアロハシャツ販売を始めた企業フジ・インポート社です。この会社は、ハワイ生まれのクラレンス・ハラ氏が1954年にカリフォルニアに移り住んでから設立されました。彼は、日本で作られたシャツをハワイ経由でカリフォルニアに輸入して販売をはじめました。この時のブランドは、パリ・ハワイアン・スタイルとカイマナ・ハワイアン・スタイルです。その後1960年に社名をミスター・ハワイとし、ブランド名をゴー・ベアフットに改め、以後商品をカリフォルニアで製作するようになりました。


シカゴ・カジュアルズ社

同社は1949年にデューク・カハナモク氏と専属契約し、同名のブランドでアロハシャツを販売したことで、一躍アロハシャツの歴史に名を刻むことになりました。デューク・カハナモク氏はハワイで最初のオリンピックメダリストです。


本場ハワイのアロハシャツ&ムームー専門店を紹介

レインズ 1959年創業。正統派からおしゃれアロハまで幅広い年齢層に対応する質の高いアロハを展開しています。「初アロハ」におススメ。アラモアナ・センター、カハラ・モールほか。 マヌヘアリイ ハワイの植物をモチーフにしたアロハシャツやドレスがロコに人気のカイルア発ブランド。ホノルルのプナホウに第2号店がオープンしました。


トリ・リチャード 1956年創業の卸売り専門店が、2003年にショップをオープン。シルクやエジプト綿のアロハはもちろん、洗練されたデザインのリゾートウエアやドレスが揃います。ハイアット・ショップス内。 アヴァンティ ヴィンテージアロハを100%シルク、低価格で再現したレプリカシャツの店。和柄が人気です。ワイキキ・ショッピング・プラザ内。


ヒロハッティハワイ各島にあるアロハウェア、アロハグッズの大型専門店。無料送迎トロリーで行けるダウンタウンの本店のほか、アラモアナ・センター1階海側にもある。 プリンセス・カイウラニ・ファッションハワイ王朝のプリンセス・カイウラニが着ていたビクトリア調のムームーを販売。価格は高めですが、高品質。ハワイアン・スタイルのウェディングドレスもあります。 ベイリーズ・アンティーク&アロハシャツカパフル通りにあるアンティーク・ショップ。ビンテージ物のアロハシャツが揃う。ほかに、ジーンズやアクセサリー、玩具などのコレクションも。


ハワイアンキルトやウクレレ、ハワイアンジュエリー、フラグッズを扱う専門店

ノヘア・ギャラリー

コアウッド、アートグラス、絵画などのハワイアンアート・クラフト専門店。キルトパーターンが描かれた絵皿はおススメです。モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート、ワード・ウエアハウス内。

マーチン&マッカーサー

地元アーティストが作るコアウッド、セラミックなどの製品を扱うショップ。アラモアナ・センター、ハイアット・リージェンシー内。

キム・テイラー・リース・ギャラリー

古典フラの写真家、キム・テイラー・リース。セピア色のフラの写真は、数々の賞を受賞。ギャラリーは、ポリネシア文化センター手前の「ハウウラ」と、2007年3月にはダウンタウンにもオープン。

フラ・サプライセンター

サウス・キング通りにある老舗フラグッズ専門店。ワイキキ・ビーチ・ウォークにあるハワイアンカルチャー関連ショップ「マナ・ハワイ」でも一部取扱い。

アロハ・フラ・サプライ

フラを踊る際に使用するグッス、アクセサリーを販売。ホームページ内には、各商品の説明と価格リストがあります。

ファブリック・マート

ローカルはもちろん、日本人ツーリストにも人気のファブリック専門店。生地別、柄別に膨大な量のサンプルがあり、価格も卸値でリーズナブル。コンベンション・センター近く、カラカウア通り沿い。

カイムキ・ドライ・グッズ

人気のグルメタウン、カイムキにあるファブリック専門店。アロハ柄の生地や洋服のパターンを安く購入できます。10th Ave.沿い。

フィリップ・リカード・ホノルル

ロイヤルハワイアン・ショッピングセンター内に工場とショップを持つ、高品質のハワイアンジュエリー専門店。永久保証付なので、次回のハワイでお直しもできます。

マキシ

スタンダードなハワイアンジュエリーのほか、ハートやクロスをハワイアン風にデザインしたシルバーのペンダントヘッドやリングが人気です。クヒオ通り本店のほか、東京・表参道にもショップがオープン。

モニ

ゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、シルバーなどオリジナルのハワイアンジュエリーを扱うお店。日本からの通販も可能。ワイキキ西側カラカウア通り沿い(ビーチウォーク通り入口)。