フリースタイルいわき

アロハシャツの歴史


アロハシャツの起源は移民たちのワークウェアだった ハワイにシャツが伝わったのは1820年頃。米国本土からの開拓者たちが持ち込んだのがきっかけと言われています。風通しがよくてゆったりした着心地が農作業に適していたこともあってか、その後、日本や中国から渡った移民たちの間でもシャツは評判に……。
また、日本の着物の美しさに惹かれた現地の人が「着物をシャツにしてくれ」と頼んだことが起源という説もある。
ちなみに「アロハシャツ」と呼ばれるようになったのは、エラリー・J・チャンという中国系商人が、1936年に「アロハスポーツウェア」、翌1937年に「アロハシャツ」の商標登録を申請し、20年間の独占利用を認められている。その為、本当は“アロハシャツ”でなく“ハワイアンシャツ”と呼ぶらしいのです。


ヴィンテージアロハのチェックポイント


アロハシャツの素材

当初はシルク、1950年代まではレーヨンが主流であったが、1960年代に入ってポリエステルが登場し、シルクやレーヨンに取って代わる。ハワイには、アロハシャツに用いられるような精緻でカラフルな生地を染める事ができるような染織工場が無かったので、ほとんどの生地はアメリカ本土あるいは日本から輸入された。特に日本には京都を中心に高度な技術を持った染工所が数多く集積し、安価で品質の良い生地を小ロットで大量に供給することが出来たので(第二次世界大戦の)戦前、戦後を通して、多くのアロハシャツの生地が日本で作られた。


アロハシャツのデザイン

アロハシャツの、製造の最盛期を迎えたのが1940~50年代。この時期に作られたシャツの中には、秀逸なデザイン、かつ良質な素材&製法で仕上げられたものが多く、これらは「ヴィンテージ・アロハ」と呼ばれています。 「ヴィンテージ・アロハ」は希少性ゆえか、今や高い値段で取引されているものもあります。確かに今のアロハシャツには見られない味わい深いプリントと、しっかりした縫製技術は、コレクションに値するものといえます。 店内の商品の中で、ヴィンテージアロハを探してみるのも楽しみの一つ・・・・


ダブルステッチ

肩とサイドが「ダブルステッチ」で縫ってあるものが耐久性に優れている。ヴィンテージ・アロハは古いミシンを使っているため、現在のものよりミシン目が細かいということも覚えておきたい。


プリント柄のチェック

ポケットと胸の部分の生地のプリントがぴったり合っているか?左右の身頃の絵柄のバランスがとれているか?なども要チェック。



自然素材のボタン

ココナッツ、貝、コプラの種、木材などの自然素材のボタンが使われているものが良品。ヴィンテージ・アロハで古いものを狙うなら、ボタン穴がタテではなくヨコ向きのものを選びたい。


自然素材のボタン
ラベルの確認

Made in Hawai‘iまたはMade in Honoluluの文字を確認すること


襟のチェック

高級なものやヴィンテージものはエリの部分が「袋縫い」で仕上げられている。


ウクレレ
ウクレレ

ウクレレは古代ハワイ伝来の楽器ではなく、1800年後半の移民政策によって、渡ってきたポルトガル移民が持ち込んだ民族楽器の小型ギター、ブラギーニャが変形した楽器です。古代ハワイにはもともと楽器がなかったため、ウクレレの誕生によって、ハワイに初めてメロディを持つ音楽が誕生し、フラの世界にも著しい変化をもたらしました。たった4弦の小さな楽器から生まれる音色は、実に多種多様。聞くだけでハワイの空気が感じられる音色の虜になる人が、世界中で増えています。
ちなみに、ウクレレとはハワイ語で「ウク(ノミ)、レレ(飛び跳ねる)」という意味。